>ホットトピックス>事故車の賢い処分法【買取でお得に処分しよう】

事故車の賢い処分法【買取でお得に処分しよう】

ハンドル

事故車でも買取可能!

事故に遭って大きく破損してしまった車は、そのまま廃車にするしか道がないと諦める人も多いでしょう。しかし、事故車や不動車の買取をする業者も多いので、まずは買取業者に査定してもらうのがおすすめです。一概に事故車と言っても、中古車業界では一般的な事故車の定義とは異なり、骨格の部分に修復歴のある車となります。ほとんどただに近い金額しかつかないのではと思っていた車に、高値がつくこともあるのです。インターネットでは無料で査定してくれるサービスもあるので、どれぐらいの金額がつくのかを予め調査したうえで、修理費用と比較して売却するかどうか決定すると良いでしょう。業者に買取ってもらった場合は、書類さえ揃えれば廃車手続きや名義変更などのペーパーワークも代行してくれます。

廃車の際に必要な書類

交通事故

車の所有者の印鑑証明書と実印

廃車の手続きを行うには、車の所有者の印鑑証明書と実印が必要になります。ローンの担保に入っていて所有者がローン会社であったり、車の販売会社である場合は、所有権解除をする必要があります。印鑑証明書は、発行日から3か月以内のものが有効です。

車検証とナンバープレート

車検証は車内に保管されているのが一般的ですが、紛失している場合は再発行する必要があります。ナンバープレートは、前と後ろの合わせて2枚を返還しなければなりません。紛失している場合は、理由書の提出が求められます。

移動報告番号と解体通知日の書かれた書類とリサイクル券

車が解体されると業者から連絡が入るので、移動報告番号と解体通知日を控えておきましょう。番号と日時さえわかればメモ書きでも大丈夫です。リサイクル券を紛失している場合は、自動車のリサイクルシステムのHPにおいてリサイクル料金の預託状況を確認しておきましょう。

広告募集中